寛ぎと気品 QUALITY

資産価値を支える、建物構造。

地質調査
地質調査
建物を支える最適な基礎工法を選定するために、計画建物の概略が決定した時点で設計に先立ち地質調査を行い、地盤の状況を調査します。
溶接閉鎖型せん断補強筋
当物件では、柱の全層部の帯筋に、継ぎ目を溶接した溶接閉鎖型の高性能なせん断補強筋を採用しています。一般的な帯筋に比べて、せん断力に対する効果が高く、耐震性能を向上させています。

溶接閉鎖型せん断
補強筋と在来工法

溶接閉鎖型せん断補強筋では、工場で制作し、加工精度を確保することで、鉄筋組立時の施工精度が向上します。

建物の基礎工法
建物の基礎工法
本物件では、現場打ちコンクリート杭(オールケーシング工法)を採用した鉄筋コンクリート造の杭を現場で造り、建物の重量を支えています。
非耐力壁スリット工法
非耐力壁スリット工法
地震力の抵抗を期待できない、架構内の腰壁・垂れ壁・袖壁等で、構造計算において当該部材の影響として剛域や剛性を考慮する必要がある壁を非耐力壁とよびますが、本物件においてはスリット(隙間)を設けることにより、地震での揺れによる建物の骨組みへの悪影響を防いでいます。コンクリートを完全に切り離す完全スリットも使っています。
ダブル配筋
ダブル配筋
耐力壁及び主要な一般壁は、コンクリート内の鉄筋を二重に組む「ダブル配筋」を採用しています。一般的なシングル配筋に比べ、耐震性・耐久性を高めています。
ΔLL(1)-4等級フローリング
ΔLL(1)-4等級
フローリング
デザイン性、耐久性、透湿性、強度に優れた高機能フローリングを採用。
戸境壁
戸境壁
本物件では戸境壁のコンクリートの厚さは180mm以上を確保しています。
コンクリート強度と品質管理
コンクリート強度と品質管理
本物件では、強度にすると30N/m㎡(設計基準強度)以上のコンクリートを採用しています。強度が30N/m㎡であることは1㎡あたり約3,000tの力に耐えうる強さを示します。また、コンクリートに含まれる水の比率が高いと乾燥して固まった際の収縮が大きく、ひび割れがおきやすくなり、表面から炭酸ガス、その他腐食性物質の侵入により劣化がはじまります。これらの劣化要因からコンクリートを健全に守るため、水セメント比を50%以下(建物本体のみ)に抑え耐久性を高めています。
T1防音サッシュ
T1防音サッシュ
外からの音を、約25dB低減(メーカー公表)させるといわれているT1サッシュを採用しています。(音の種類により低減量は異なります)
コンクリート耐久性
コンクリート耐久性
日本建築学会JASS5(建築工事標準仕様書・同解説)の基準において、構造体の継続使用のために大規模な補修が必要となる期間(供用限界期間)としておよそ100年、また構造体の大規模な補修を必要としないことが予定できる期間(大規模補修不要予定期間)としておよそ65年という基準のコンクリートを採用しています。
二重天井
二重天井
天井裏のスペースに電気配線などの設備配管を通すことができ、メンテナンスや将来のリフォームにも対応しやすくなっています。

ご入居後の暮らしと住まいを、
信頼の絆で安心サポート。

住宅性能評価付マンション

●客観的な審査により性能を約束する
 「住宅性能評価付マンション」
国が指定した第三者評価機関の客観的評価に基づく「設計住宅性能評価書」を取得済みです。さらに、施工・竣工段階の評価結果「建設住宅性能評価書」の交付を、建物完成時に取得予定です(申請中)。客観的かつ公平な共通ルールの「評価方法基準」で評価される安心の証しです。
●10分野33項目(内必須4分野9項目)
 日本住宅性能評価基準に基づき示されます。
設計住宅性能評価は「日本住宅性能評価基準」に基づき示されます。この基準は、評価のための技術が確立され広く利用できること、設計段階で確認が可能であること、外見からは容易に確認しにくい点を優先すること…などの趣旨に従って、10分野33項目が定められており、必須評価項目として4分野9項目が対象とされています。本物件においては、右記の9分野26項目の取得となります。
住宅性能評価付マンション

ご購入後のマンションライフは、丸美産業のグループ会社「丸美総合管理株式会社」がサポートします。

丸美産業グループのマンション管理会社として、お客様が安心・安全で快適なマンションライフを過ごしていただけるよう円滑な管理組合活動・運営をサポートします。

ご購入後のマンションライフは、丸美産業のグループ会社「丸美総合管理株式会社」がサポートします。

ハウスプラスすまい保険

丸美産業グループのマンション管理会社として、お客様が安心・安全で快適なマンションライフを過ごしていただけるよう円滑な管理組合活動・運営をサポートします。

●万が一の時でも安心の
 「住宅瑕疵担保責任保険」
国が指定した第三者評価機関の客観的評価に基づく「設計住宅性能評価書」を取得済みです。さらに、施工・竣工段階の評価結果「建設住宅性能評価書」の交付を、建物完成時に取得予定です(申請中)。客観的かつ公平な共通ルールの「評価方法基準」で評価される安心の証しです。
「住宅瑕疵担保責任保険」

保険のしくみ

●この保険は、住宅の瑕疵担保責任を履行するための資力確保措置のひとつとして、事業者が加入する保険です。
●万が一、住宅事業者が倒産等により瑕疵の修繕等が行われない場合には、住宅取得者に直接保険金が支払われます。
●保険対象の物件には、検査機関による現場検査を実施しています。

ハウスプラスすまい保険

アフターメンテナンス

マンション完成から2年間、責任を持ってアフターメンテナンスをお約束いたします。「アフターサービス規準」に基づいて迅速に対応し、所定の不具合に関しては無償で修理対応します。

アフターメンテナンス

丸美産業100周年スペシャルサンクスキャンペーン丸美産業100周年スペシャルサンクスキャンペーン

資料請求

来場予約

フリーダイヤル 0120-747-303